土地付き太陽光発電マッチングサイト

よくある質問

業界用語の意味

Q. 過積載とは?
A. 土地を有効活用し、より多くの発電量を得るためにパワーコンディショナー容量に対し、パネル容量を大きくすることを指します。


Q. 出力保証とは?
A. 製品保証やモジュール出力保証などと呼ぶ場合もある。パネルの発電能力をメーカーが一定期間保証する制度。


Q. 固定価格買取制度とは?
A. 各地域を管轄する電力会社が、太陽光発電システムから出来た電力を「固定価格」で10年(10kw未満)または20年間(10kw以上)に渡り買い取ってくれる制度のこと。ちなみに、平成28年度現在は1kWhあたり24円(税抜)です。例えば、50kwシステムで今年度(24円/税別)で売電を始めたのであればそれが20年間維持されるということです。


Q. 全量買取制度とは?
A. 10kw以上の太陽光発電システムで出来た電力を管轄の電力会社が全て買い取ってくれる制度のこと。


Q. 余剰電力買取制度とは?
A. 10kw未満の太陽光発電システムで出来た電力を一旦、家庭等で使用ます。もし、使用した分より発電量が上回った場合余った電力を管轄の電力会社が買い取ってくれる制度のこと。


Q. 地目とは?
A. 簡単に言えば、田や宅地、山林や雑種地などの土地の種類のことで、土地の一筆ごとに種類分けされて法務局で登記されています。


Q. 再生可能エネルギーとは?
A. 自然界に常に存在するエネルギーで国が普及を促進している、太陽光や風力、地熱といったクリーンエネルギーのことです。


Q. 生産性向上設備投資促進税制とは?
A. 太陽光発電事業も対象になっている優遇措置。50%の特別償却または4%の税額控除が受けられる制度のことです。



これだ!と思ったものを購入するに

Q. これだ!と思ったものを購入するには?(1)
A. 「グズグズしているうちに完売してしまった・・・」こんな経験を誰もが一度や二度はされています。当然、その物件にお問い合わせをする方は沢山いらっしゃる訳です。先ずは、煩わしく思わず躊躇せずいち早く販売施工会社にお問い合わせを「メール」ではなく出来れば、お電話で問合わせてみて下さい。


Q. これだ!と思ったものを購入するには?(2)
A. 前項の理由ですが、販売施工会社には沢山の【住所・連絡先・質問がない】「資料請求」だけの「メール」が来ます。当然、対応をしていく訳ですがその中で「実際に購入しよう!」と感じるお問い合わせのお客様から積極的にご案内を始めていくからです。「メール」と「電話」だと感じる「購入意志の熱量」が全く違うのです。


Q. これだ!と思ったものを購入するには?(3)
A. 更に、一度でも自社物件の購入を考えて頂いたお客様はとても有り難い訳です。「メール」より「電話」でお話ししたほうがなぜ、良いのか?それは、言葉を交わし担当者と仲良くなることで販売予定の物件情報が貰えたり、様々な融通をしてくれるようになるわけです。


Q. これだ!と思ったものを購入するには?(4)
A. 担当者と仲良くなるには、ご自身の探している物件の条件、利回り、価格、など担当者に伝えておくと良いでしょう。そうすることでそれに見合う物件をあなたに用意してくれようと動いてくれます。こうすることで希望の物件にグッと近づくことが出来るでしょう。以上が、他の方に先を越されず欲しい物件を手に入れる具体的な方法です。ぜひ、お試しください。



土地を売りたい方へ

Q. 土地が余っているのですが(1)
A. ご自身で太陽光発電の投資をされる場合はその土地に見合う、規模、費用、収益性をご試算されることをお勧めします。楽楽発電に一度ご相談ください。


Q. 土地が余っているのですが(2)
A. ご自身で太陽光発電の投資をされない場合は、楽楽発電.comに一度ご相談ください。



物件の選び方について

Q. なかなか物件を絞り切れないがどうしたらいい?
A. ご自身の物件購入条件をはっきりさせる為にアドバイスを求めるのも1つです。弊社の担当者にお問い合わせ頂くのも良い方法かもしれません。


Q. 物件の選び方はどうするのか?
A. まずは、ご自身の選択基準を3~5つ程度設けることです。高利回りから見ていく方が多いですが、販売価格に「何が含まれているか?」をしっかり確認をしないと「最終的な販売価格」や「利回り」はいくらなのか?は、わかりません。「あなたが探す本当にいい物件」かは、その他に補償内容、販売会社の実績や担当者の人柄や対応等を含めた、総合的な観点でご判断されることが大切でしょう。


Q. 場所選びの注意点は?
A. 当然ながら、日当たりの良いところが必須です。ただ、20年以上に渡ってその場所が「100%日当たりの良い場所」で  あり続けるかの保証は誰もできません。何故なら、ご自身の発電システムの横にマンションや住宅、商業施設等が建たないとも限らないからです。ですから、場所の選定には十分気を付けてください。そういった意味で、都心部より郊外の方がそういったリスク回避が出来ます。



土地付太陽光発電に不安を感じていらっしゃる方へ

Q. 土地付き太陽光に興味はあるが本当に大丈夫?
A. 何事も疑い始めたらキリがありません。当然、土地付き太陽光もノーリスクではありません。但し、投資として考えた場合ローリスクではあるでしょう。


Q. では、そのローリスクである理由は?
A. 主に、以下の理由が挙げられます。
  1.国の施策として買取価格が買取期間が保証されている。
  2.電力会社という社会インフラを担う会社が買うので倒産するという、リスクが限りなく低い。


Q. その他に、安心できる理由は?
A. 主に、以下の理由が挙げられます。
  1.不動産投資のように空室で収益が減るリスクがない。
  2.家賃の下落のような心配もなく安定的な収益が見込める。
  3.台風、水害、など自然災害や盗難に対する保証等もしっかりある。


Q. それでもまだ不安ですが?
A. 以上のような理由を以ってしてもまだ不安がぬぐえないようでしたら投資は無理をしてしない方が良いでしょう。



その他色々な疑問にお答えいたします

Q. 売電価格
A. 10kw以上の規模については20年間固定価格での買取が保証されています。例えばH.28年度に申請の方は24円(税別)が20年間維持されます。


Q. 「土地付き太陽光」って誰でもできる?
A. はい。「分譲太陽光」、「分譲ソーラー」とも呼ばれ自己資金0円で個人、法人問わず誰でもが出来ます。


Q. なぜ自己資金0円で出来るの?
A. 銀行、信販会社、日本政策金融公庫等の金融機関が設備費用を融資をしてくれるので自己資金を持ち出さなくても可能な訳です。


Q. "買取価格(単価)は毎年下がっているからもう採算が取れないのでは?
A. 毎年買取価格(単価)は改定されていますが今年度始めた方が来年度価格(単価)に影響を受けることはありませんし、採算が取れないということもありません。


Q. 太陽光発電は「負債」か「資産」か?
A. 太陽光発電システムを始める場合「融資」を受けて始めるのが一般的です。「融資」=「借金」というイメージが強いのでどうしても「負債」と感じてしまう方もいるでしょう。ただ、太陽光発電システムは、自家用車や建売住宅を融資を受けて購入するのとは違いそれ自体が利益(売電収益)を生みだします。よって「負債」ではなく「資産」と言えます。そういった意味で、高利回りの太陽光発電システムは資産価値が高いと言えます。


Q. 「分譲型太陽光」と「賃貸型太陽光」の違いは?
A. 「分譲型太陽光」は固定資産税が掛かるが賃料は掛からない。「賃貸型太陽光」は固定資産税は掛からないが賃料がかかる。ローンの通りやすさで言えば「分譲型太陽光」の方でしょう。


Q. 融資の際、「金利」が安いのは?
A. 一般的に、日本政策金融公庫が一番低いと言われていますが審査に時間を要します。逆に審査結果が早いのは信販会社です。


Q. 50kwシステムを設置するに必要な広さは?
A. おおよそ、200坪程度あれば可能でしょう。ただし、土地形状も長方形、ひょうたん型など様々です。形状によっては、それ以下でも設置可能な土地もあります。


Q. システムに対して希望があるが変更可能?
A. "物件の仕様については販売側と購入側との話し合いによって変更、追加は可能です。ただし、それは販売業者ごとに違うので問い合わせてみると良いでしょう。


Q. 物件購入時には必ず視察が必要?
A. 必ずしも全ての方がされている訳ではありません。遠方でなかなかいけない方などは、詳細な資料や航空地図、販売会社の実績等で購入される場合も多々あるようです。


Q. 20年後も電力の買取はしてもらえる?
A. 現段階では、「その時の制度によります」とお答えするに留まりますが。現在、これだけ自然エネルギーの普及を推進しておきながら20年後に全て「止めます」とは考えにくいのではないでしょうか。


Q. 太陽光発電への投資ってどれくらい儲かるの?
A. 購入物件によって違いますので一概には言いにくいですが、低圧物件で年平均で大よそ170万円~200万円前後ではないでしょうか。


Q. 契約時は必ず販売会社にいって契約するの?
A. ご契約方法についてはお客様と販売会社でどうするかをお決め頂ければ良いと思います。


Q. 手付金を入れた後、別物件にしたい場合は?
A. そういった場合はどうなるのか、販売会社との契約前にしっかり確認をしておくと良いでしょう。


Q. 太陽光発電の最大のメリットは?
A. 高い精度で損益が算出できて、「太陽光」という「豊富な無料」の資源を20年間同じ価格で買い取る保証がある中で行える非常にローリスクの投資事業であること。


Q. 生産性向上設備投資促進税制っていつまで利用できるの?
A. 平成28年4月1日から平成29年3月末迄です。


Q. 購入場所は近くの方がよいの?
A. 「設備認定」や電力会社への申請手続きは販売施工会社が代行して行いますのでお客様が行う必要はありません。


Q. 売電開始はいつから?
A. 系統連系が完了した時から各地域の電力会社に電力を売ることが出来ます。


Q. 日々の発電量が気になるんですが?
A. 発電が始まると「毎日のお天気が気になるようになった」と、おっしゃる方も多いです。「発電=収益」ですから当然です。現在は、お手持ちのスマートフォンやパソコン・タブレット・で遠隔監視ができるシステムが販売されているのでお問い合わせしてみると良いでしょう。


Q. 太陽光パネルの盗難は大丈夫かな?
A. そうですね、ずっと張り付いている訳にも行かないですから気になりますね。ただ、太陽光パネルは発電中に取り外して持っていくのは感電の危険があるのでほとんど被害はこれまでありません。もし万が一あったとしても保証があります。


Q. フェンスって必ず必要なの?
A. いえ、必ず必要というわけではないです。ご自身がフェンスをしたいと思わなければ何もする必要はありません。もし、必要だと感じるようであればフェンスも様々ですので販売会社にお問い合わせください。


Q. メンテナンスフリーっていうけど本当?
A. 太陽光発電はそもそも屋外に設置する前提で作られていますので、基本的にはメンテナンスフリーです。但し、架台下の雑草が思った以上に伸びてパネルの上に茂ってしまっている状態や、雨で流れ落ちない微細な埃など、発電に影響を与える状況を出来る限り避ける意味では、年間費用もそう高くはありませんし、メンテナンスを委託、依頼するのは必要と思われる方もいるでしょう。


Q. 作付けを止めた田畑があるがいくらで借りてくれる?
A. 契約賃料は、その場所のロケーション等によりますし賃料のお支払い方法もそれぞれですので一概には言えません。最終的には、借り手と貸し手双方が納得の内容であれば良いでしょう。


Q. 手付金の支払い金額はいくら?
A. 販売額の10%だったり、20%だったり各販売会社によって違うので問い合わせて確認すると良いでしょう。


Q. 農用地区域内の田畑は太陽光発電が出来ないの?
A. そのままでは出来ませんので「農振除外」の申請が必要になります。但し、申請すれば必ず除外されるというものでもなく除外される、されないは各地域により判断が分かれます。


Q. モジュールの製品保証は何年?
A. 製品保証が10年で出力保証が25年というのがほとんどですが、詳しくは販売会社にお問い合わせ頂く方が良いでしょう。


Q. パワコンの製品保証は何年?
A. 各メーカーによって5年、10年、15年と様々ですので、詳しくは販売会社にお問い合わせ頂く方が良いでしょう。


このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP